スタートアップから大手企業まで、ご利用いただいています

logo 動画再生ボタン
back checkの画面

back checkとは

back checkは、前職への実績・人物像などを第三者に照会し取得できる「リファレンスチェックサービス」です。

採用の失敗を軽減するリファレンスチェックとは?

リファレンスチェックとは、企業が中途採用の際に信用調査の一環として、前職への実績、人物像などを第三者に照会を行うことです。また書類選考や採用面接だけではわからない求職者の人物像や、前職での仕事ぶりを確認することで、採用側のリスクを軽減することが目的です。

リファレンスチェックと他の選考方法との比較

他の選考方法との比較 他の選考方法との比較

面接で知れないことを知れる
リファレンスチェック

back checkの特徴

面接や適性検査だけでは得られない情報が得られます。

面接や適性検査だけでは得られない情報が得られます。

オンラインで手軽にリファレンスチェックを実施できます。

オンラインで手軽にリファレンスチェックを実施できます。

短い期間で、高い回答率のリファレンスチェックを実施することができます。

短い期間で、高い回答率のリファレンスチェックを実施することができます。

back checkを使った
リファレンスチェックの流れ

まずは候補者の情報を back checkに登録

候補者を登録するだけで自動的に候補者へ依頼メールが送信されます

最初にback checkにログインして採用候補の方の情報を登録します。登録された採用候補者には、リファレンスチェックをしてもらうための案内がメールで届きます。

01

候補者は推薦者へ リファレンスチェックを依頼

仕事で関わった人(推薦者)の氏名・メールアドレスなどを入力します

候補者は関係者の氏名・メールアドレスなどの情報を入力するだけで簡単に回答を依頼することができます。

02

関係者が回答した内容を back checkで確認できます

リファレンスの回答内容は質問ごとに見やすく集計されます

関係者が回答したリファレンスチェックの結果は、back checkで確認することができます。

03

面接で知れないことを知れる
リファレンスチェック

導入企業様へのインタビュー

トピックス

面接で知れないことを知れる
リファレンスチェック

Q&A

back checkに関するよくある質問
Q.現職に転職活動を隠していて実施できないと言われたら?
A.そういったケースでも信頼関係がある場合には取得が不可能ではないため、少なくとも同僚と上司の1名ずつのリファレンスを取得することで、内定後に退職できないといったリスクに対しても備えることができます。それでも難しい場合には前々職の同僚や上司、または担当顧客への依頼を通じてリファレンスを取得することを推奨します。
Q.リファレンスチェックで面接辞退は増えませんか?
A.候補者がすでに面接で偽った情報を伝えていたり、志望度が高くない場合には面接の辞退が増える可能性はもちろんございます。ただし書類選考や採用面接だけではわからない求職者の人物像や、前職での仕事ぶりを確認することできるという点は、緊張等で面接でうまく答えられなかったという候補者にプラスに働く部分でもございます。そのため採用側のためだけにプラスに働くようなサービスでないことを候補者にお伝えいただくことを推奨しております。
Q.どのタイミングで実施するのが効果的ですか?
A.back checkでは1次面接の直後を推奨しています。一般的には内定を出す直前に実施されていますが、より早いタイミングで実施することによって面接工数の削減が見込めます。ただし、面接の辞退を強く懸念される場合には、最終面接を終えて入社意思が確認できる内定直前のタイミングをお勧めします。
Q.個人情報保護法には抵触しませんか?
A.back checkでリファレンスチェックを依頼する場合には、依頼した候補者および、候補者から依頼された推薦者に対し、必ず事前に実施に対する同意を得ているため、導入企業様が個人情報保護法に該当しないよう入念に設計されています。
Q.推薦者はインセンティブを受け取ることができますか?
A.back checkから推薦者に対するインセンティブは一切ありません。リファレンスチェックは候補者と推薦者の仕事上での信頼関係を前提としているため、より精度の高い回答を実現する上でインセンティブは不要と判断しています。また、候補者から推薦者へのインセンティブの受け渡しも禁止しています。