医療法人青嶺会 木の香往診クリニック

早期活躍支援としての活用。back checkでも前例がなかった医療機関での活用事例

会社紹介

名古屋市北区にある「医療法人青嶺会 木の香往診クリニック」。2010年に開院し、名古屋市北区を中心とした中部・北東部エリアで在宅医療を行っている。患者様やそのご家族様はもちろんの事、各業種のスタッフと協力し合いながら、おひとりおひとりに最適な医療行為を提供している。

業種

医療

社員数

30~50名

課題

  1. 看護師採用においてミスマッチが発生しないように、候補者との相互理解を深めたい
  2. スキルでの判断ではなく、カルチャーマッチしている方かどうか知りたい

効果

  1. 仕事の任せ方や、コミュニケーションの仕方を把握した上で受け入れに活用することができるようになった
  2. レポートの情報によって全体での体制改善につながった

目次

  • 問題が起こってからでは遅い。採用をより良くするためにはどうすればいいかを考える
  • レポートのおかげで全体でのサポート体制や指針の見直しのきっかけとなった
  • 合否判断や良し悪しを判断するツールではなく、カルチャーマッチが見れるもの

名古屋市を中心に訪問医療を行なっている、木の香往診クリニック。開業してから、「住み慣れたご自宅で療養したい」という患者様やご家族の思いと向き合い、地域に根ざした在宅専門クリニックとして診療を行っています。今回は木の香往診クリニックでどのような採用活動を行い、back check をどのようにご活用いただいているのか副院長の佐竹さんにお話をお伺いしました。

この記事をシェアする

スタートアップから大手企業まで、多くの企業がback checkでリファレンスチェックを行っています。