ナイル株式会社

「面接だけの採用は絶対に無理。」7つの選考プロセスを設けるナイルの採用活動とは

会社紹介

「デジタルマーケティングで社会を良くする事業家集団」をビジョンとし、デジタルマーケティング事業、メディアテクノロジー事業、モビリティサービス事業を展開。2021年「50億円」の大型資金調達を実施し、今後は自動車×Techのさらなる投資を加速させるとともに、既存事業とシナジーのある企業のM&Aなども検討し、全社的な多角化・挑戦を行っている。

業種

IT/Webマーケティング・ネット広告

社員数

100~300名

課題

  1. 本人が提示する書類や面接、スキルチェックだけでは見抜くことはできない潜在的な候補者の情報が知りたい
  2. 求めるスキルや人物像を見極めるために候補者の多角的な情報を集めて判断したい

効果

  1. 候補者の方の強みや苦手なこと、仕事上での他者とのコミュニケーションについてなど、
    面接や筆記試験では見ることのできない候補者の一面を知ることができるようになった
  2. 実際に一緒に働いたことのある方からの意見をみれることで、
    入社後の活躍を見据えて選考を進めるための材料の一つとなった

目次

  • 事業成長において最も注力すべきことは「やりきる力」を持つ候補者を採用し続けること。
  • 採用の責任は現場の責任。採用基準の整理と見極め手段の提供は人事の責任。
  • 見極めの課題がなくなることはない。だからこそ良い人材を採用するための手段を模索し続けなければならない。
  • 企業と個人双方のミスマッチを防ぎながらも、採用目標を達成するために振り返りを徹底し、改善を全員で考える。
  • 事業部と人事間での認識のずれを無くし、求める人材を採用できるように日々試行錯誤し続ける。

「社会に根付く仕組みを作り、人々を幸せにする」をミッションとし、 デジタルマーケティングノウハウを強みに、Web/アプリ/自動車の3つの領域での事業展開を行っているナイル株式会社。常に挑戦し続け、更なる勢いでこれからも事業拡大していくナイル株式会社で、採用や組織開発に携わる取締役 人事本部 本部長土居さん・採用グループマネージャー 渡邉さんに、採用についてのお考えやback check の活用方法をお伺いしました。

この記事をシェアする

スタートアップから大手企業まで、多くの企業がback checkでリファレンスチェックを行っています。