株式会社ペライチ

ペライチ代表が語る。カルチャーマッチ重視「素直で良い人」を採用するためには。

会社紹介

「 “つくれる”のその先へ」というビジョンを掲げ、専門的な技術がなくてもクオリティの高いホームページを簡単に作成することができる『ペライチ』を運営している。ペライチを使った人がその先の成功につなげられるよう、顧客向けの研修などのカスタマーサポートに尽力している。

業種

IT/SaaS

社員数

40-50人

課題

  1. これまでも自社でリファレンスチェックを実施していたが全ての候補者に実施できなかった。
  2. 自社で行うリファレンスチェックはネガティブな情報を知ることがメインで、候補者の良い面を確認できていなかった。

効果

  1. ほぼ全ての候補者の選考でリファレンスチェックを実施できるようになった。
  2. 多様な質問設計で候補者の良い面と悪い面どちらも知ることができるようになった。

目次

  • 一緒に働きたいのは「素直で良い人」。面接で滲み出る人柄に注目したい。
  • 一緒に働いた人からの評価の重要性を感じた実体験とは。
  • back checkは候補者の長所と短所どちらもみることができる。面接では見えない魅力が採用につながることも。

2019年にユーザー数が20万人を突破した、ホームページ作成ツール『ペライチ』を展開。同社の代表取締役で採用を統括する橋田さんに「人」に焦点を当てた採用について伺いました。

この記事をシェアする

スタートアップから大手企業まで、多くの企業がback checkでリファレンスチェックを行っています。