パーソルイノベーション株式会社

カルチャーフィットにこだわる採用の中で見つけた最適ソリューション

会社紹介

グループビジョン「はたらいて、笑おう。」の実現のため策定された重点戦略のもと、2019年4月より事業開始したパーソルイノベーション株式会社。パーソルグループの次世代の柱となる事業創造を目的としており、新規事業に特化した次世代のイノベーション開発の役割を担う。新領域の開拓、新サービスの構築・育成、既存事業の変革を、これまで以上に効率的に推進できる組織として整備され、中途採用・転職サービスの「ミイダス」、個人向けのイノベーション体質強化プログラム「Drit(ドリット)」(https://www.drit-i.jp/)をはじめとした、さまざまなサービスを運営。

業種

IT/Web・通信・インターネット系

社員数

100〜300名

目次

  • 人事は人と組織がwin-winの関係性で有機的に結びつく状態を作り上げるべき
  • 候補者の多面性を知ることが採用する側の覚悟の醸成につながる
  • 緻密な質問設計によって客観的事実情報を取得できている実感
  • 入社後を具体的に想像した上でレポートを読み解くように工夫
  • 仕事の実績、周囲との関係、人物像などが総合してその方の信頼性となっていく社会へ

「世の中の最先端をサービス化し、人の可能性を拡げる」を提供価値に掲げ、グループでの新領域の開拓、新サービスの構築・育成、既存事業の変革を担うパーソルイノベーション株式会社。今回はパーソルイノベーション株式会社で人事マネージャーを務める原さん・人事担当の山中さん・小林さんに、採用についてのお考えやback checkの活用方法をお伺いしました。

この記事をシェアする

スタートアップから大手企業まで、多くの企業がback checkでリファレンスチェックを行っています。