株式会社SmartHR

「採用して終わり」ではない。SmartHR人事が考える、ミスマッチを防ぐ方法とは。

会社紹介

労務手続きを自動化する、クラウド労務ソフト「SmartHR」を開発。複雑で手間のかかる労務管理をわかりやすく、簡単にすることでより価値のある仕事に時間を使えるような世界を目指している。

業種

IT/SaaS

社員数

100〜300名

課題

  1. 面接だけでは候補者の採用に懸念や疑問が残る場合があった
  2. 会社やチームにマッチしているか入社前に見極めるのが難しかった

効果

  1. 一緒に働いた人からの情報を元に、面接での懸念点を払拭できるようになった
  2. 人物像が明確になり、会社やチームにマッチしているかの見極めが入社前にできるようになった

目次

  • 入社前後のミスマッチを防ぐ、SmartHRの採用
  • 採用がゴールではない
  • リファレンスチェックで、自社とマッチしているかを多面的に判断

全国2万社以上が登録するシェアNo.1のクラウド人事労務ソフト『SmartHR』を開発・提供する株式会社SmartHR。同社が考える候補者の入社後まで見据えた本質的な採用とは。執行役員・VPヒューマンリソース(人事責任者)の薮田孝仁さんに採用・組織についての考え方・ back checkの活用方法についてお話をお伺いしました。

この記事をシェアする

スタートアップから大手企業まで、多くの企業がback checkでリファレンスチェックを行っています。