株式会社ヤプリ

入社者が「その人らしく活躍してもらえる」ように。CX向上を目指して再構築しつづけるヤプリの採用とは

会社紹介

アプリ開発・運用・分析をノーコードで提供するアプリプラットフォーム「Yappli」を提供。導入企業は450社※ を超え、店舗やEコマースなどのマーケティング支援から、社内や取引先とのコミュニケーションをモバイルで刷新する社内DX(デジタルトランスフォーメーション)、バックオフィスや学校法人の支援まで、幅広い業界の課題解決に活用されている。 ※2020年12月時点

業種

IT/SaaS

社員数

100〜300名

課題

  1. 応募者の入社後活躍を重要視し、ミスマッチを防ぎたい
  2. 入社後の活躍イメージを明確化したい
  3. 会社と応募者の相性を判断する材料がほしい

効果

  1. 客観的事実を参考にすることで具体的な活躍や成果の再現性がイメージできるようになった
  2. リファラル採用でも活用することで様々な視点で応募者を理解することができるようになった

目次

  • 人事・現場から現状の課題も包み隠さずに伝えて期待値ギャップを防ぐ。
  • 採用の仕組み化に際して多角的に応募者を理解するために導入を決めた。
  • 第三者からの客観的事実情報を読み解いて入社後活躍のイメージをつける。
  • 進化し続けるヤプリの選考。すべては入社後の活躍に直結させるため。

アプリ開発・運用・分析をノーコード(プログラミング不要)で提供するアプリプラットフォーム「Yappli」を開発・提供している株式会社ヤプリ。2020年12月には東京証券取引所マザーズへの上場し、ますます勢いを増す株式会社ヤプリにて採用を担当する石村さん・細井さんに、採用についてのお考えやback checkの活用方法をお伺いしました。

この記事をシェアする

スタートアップから大手企業まで、多くの企業がback checkでリファレンスチェックを行っています。