なぜ早期離職は減らないのか?
離職の原因とフェーズ別の早期離職対策を徹底分析

早期離職とは、採用した社員が3年以内に離職することを指します。早期離職の問題点は、採用コストや育成コストがかかることや、現場や人事の負担が大きくなることです。しかし、早期離職の原因を分析してさまざまアプローチを行えば、離職率を改善できます。

本記事では、早期離職が起こる原因と対策、実際の成功事例について詳しく解説します。早期離職で課題を抱えている企業の担当者の方は、離職率改善のためにぜひ参考にしてみてください。

目次

  • 早期離職の現状とは
  • 早期離職の原因ランキングとよくある離職理由と対策
  • 早期離職を減らすための対策
  • ミスマッチ防止による離職率改善事例【株式会社KiteRa】
  • 早期離職防止は業績の安定に欠かせない重要課題

この記事を書いたのはこちら

back check編集部 堆朱彩花

back check編集部 堆朱 彩花

株式会社ROXX back check事業部にてマーケティング業務に携わる。人材紹介事業や人事経験を踏まえ、採用・組織人事に向けたナレッジを伝える。

採用成功事例

人材育成・定着に関する記事