ハイパフォーマーの特徴とは?
人材育成のポイントや分析方法も解説

「ハイパフォーマー」とは、業務能力が優れていて生産性が高い人材です。ハイパフォーマーは企業の成長に欠かせない人材ですが、採用難易度やコストが高いため採用するのは容易ではありません。

労働力不足が深刻化している現在では、社員一人ひとりのパフォーマンスの向上を目指すことが大切です。そこで、ハイパフォーマーの採用を目指すのではなく、社内で育成できる体制を整える必要があります。

本記事では、ハイパフォーマーの特徴や育成方法に加えて、退職を防ぐ方法などについて詳しく解説します。企業の生産性を高めたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

目次

  • ハイパフォーマーの特徴
  • ハイパフォーマーを育成するメリット
  • ハイパフォーマーの育成方法
  • ハイパフォーマーの分析方法
  • ハイパフォーマーの退職・転職を防ぐには?
  • ハイパフォーマーに育成できるかは採用が重要

この記事を書いたのはこちら

back check編集部 堆朱彩花

back check編集部 堆朱 彩花

株式会社ROXX back check事業部にてマーケティング業務に携わる。人材紹介事業や人事経験を踏まえ、採用・組織人事に向けたナレッジを伝える。

採用成功事例

人材育成・定着に関する記事