リファレンスチェックは違法ではない?関連する3つの法律とトラブルを避ける為の注意点をご紹介

中途採用の選考において、面接や書類だけで候補者を見極めることは難しいです。

  • 実は問題を抱えている人物を採用してしまった
  • 採用後に早期離職してしまい、新たに採用しなければいけなくなった
といったトラブルが起きるケースも少なくありません。
このような課題を解決する為に、候補者と企業のミスマッチを避ける目的でリファレンスチェックを実施する企業が増えています。ただ、リファレンスチェックを行うことで個人情報に関する法律に抵触するのではないか、と不安に思う採用担当者は多いです。
本記事ではリファレンスチェックや、その他の採用調査を実施する上で配慮する必要のある法律や注意点について解説します。

目次

  • リファレンスチェックとは?
  • リファレンスチェックに違法性はあるか
  • 採用調査全般を規制する法律とは
  • 違法性の無いリファレンスチェックを実施するには?
  • リファレンスチェックを拒否された場合の対処法
  • リファレンスチェックでトラブル避ける為の注意点
  • 採用調査全般でトラブルを避ける為の注意点
  • SNSで知り合い伝いにリファレンスチェックを実施するのは違法?
  • リファレンスチェック後の内定取り消しは可能?
  • リファレンスチェックサービスを上手に活用する方法
  • まとめ:正しく行われたリファレンスチェックは違法行為にならない

この記事を書いたのはこちら

back check編集部 堆朱彩花

back check編集部 堆朱 彩花

株式会社ROXX back check事業部 にてマーケティング業務に携わる。人材紹介事業や人事経験を踏まえ、採用・組織人事に向けたナレッジを伝える。