リモートワークで急増するWeb面接。Web面接のメリットや注意点、見極めのコツについて紹介

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響から企業の採用活動は大きな影響を受けています。多くの企業の採用活動で対面での面接の実施が困難となり、その代用としてオンラインでのWeb面接が行われています。
中には初回面接から最終面接まで全てオンライン面接にしている企業もありますが、「Web面接で候補者を適切に評価できるのか」「候補者は画面越しでしっかりと自己の魅力を伝えることができるのか」などWeb面接でミスマッチが起きないか不安を抱えている企業も多いと思います。

この記事ではWeb面接を導入するメリットや導入する際の注意点、Web面接のコツについて紹介します。

目次

  • リモートワークでの企業の面接状況
  • Web面接を導入するメリット
  • Web面接を導入する際の注意点
  • Web面接のデメリットと解決方法
  • おすすめのWeb面接ツール
  • まとめ

リモートワークでの企業の面接状況

多くの企業がリモートワークに移行し対面での面接を自粛していますが、企業の対応としては大きく3パターンに分ける事が出来ます。

  • 1.一次面接のみをWeb面接にする。
  • 2.最終面接以外の面接を全てWeb面接にする。
  • 3.最終面接を含めて全てWeb面接にする。
  • 4.採用面接を延期する。

これまでも1次面接や2次面接は候補者の状況に合わせてWebで実施していたという企業は多く、最終面接以外の面接を全てWeb面接に切り替えていることが多いようです。

ただ、最終面接まで遠隔で実施する事には抵抗がある企業が多く最終面接を含めて全てWeb面接にするまではまだ踏み切れていない企業が多いです。ただし、対面での面接が困難な状況が続くなか、最終面接を含めてWebで完結する企業も徐々に増えてきています。

また、企業によってはWeb面接の環境が整わないという理由で遠隔での面接を断念し、やむを得ず採用活動を一次休止している企業もあります。そういった企業でも長い期間採用をストップしてしまうと企業活動に悪影響を与える事からWeb面接を実施するための環境が急務となっています。

Web面接を企業が導入するメリット

対面での面接ができない事から多くの企業がその対応を進めていますが、Web面接を導入することで以下のメリットがあります。

面接機会が増える

今後多くの企業でWeb面接の環境が整うことが予測されます。対面での面接ができる状況に戻っても一次面接など初期の面接はWebで実施するとする企業はこれまでよりも増えるはずです。

これまで転職活動をしようと思っても現職の業務が忙しくなかなか現地まで足を運べなかった人や、選考を受けたい企業はあるが地方在住で移動を考えると時間が作れなかった人が時間と場所を気にせず選考を受けることができるようになります。

企業は、受験機会の増加によりこれまで転職市場に出てこなかった優秀な人材と接触できる可能性が増すメリットがあります。

Web面接の知見が増えることで採用活動が効率化される

面接のほとんどがWebに切り替わり次第にWeb面接の知見が溜まって来ることが予想されます。 Web面接だからこそ聞くべき質問や、特に注意して確かめることなど、面接数を重ねるたびに面接内容が改善され、選考のほとんどをWeb完結で実施することができるようになります。 結果的にこれまで必要だった会議室の調整や候補者への対応コストが圧縮され採用活動の効率化に繋がります。

複数人での多角的な面接が可能になる

Web面接は時間や場所による制約がないため、複数回面接を実施しやすくなったり、動画として共有できるため他の面接官や責任者に見せて判断を仰いだり、後から見直して検討が可能になります。

Web面接を実施する際の注意点

Web面接は対面での面接では気にする必要が無かった以下のような事に注意する必要があります。

セキュリティの為に専用ツールを導入する

フリーのWebミーティング用のツールでもWeb面接を実施することはできますがセキュリティ面を考慮するとWeb面接用の専用ツールを導入した方が良いです。専用ツールは導入コストがかかりますが、面接では情報機密の高い情報を扱うため、面接中の音声、動画、画像データの情報漏洩というリスクを排除した方が良いでしょう。

良好なネットワーク環境の準備

Web面接で最も注意したいのが良好なネットワーク環境の準備です。インターネットの回線速度が遅いと、接続が出来ない、音声や映像のタイムラグが発生しスムーズな会話が出来ないなどのトラブルが発生するため、企業側は万全の環境を整えましょう。

接続できないときの対応を事前に決めておく

企業側の通信環境や設備が万全でも、候補者側の環境に不備があり接続がうまくいかないことがあります。また面接を進行している途中で突然接続が切れたり、声が聞こえなくなることがあります。こうした場合に備えて予めお互いの携帯電話の番号などを確認し、接続が出来ない場合には電話で連絡するなど取り決めを事前にしておきましょう。

雑音や声が入らない場所で実施する

接続環境が良好でも周囲の雑音が気になる場所で実施すると、候補者にこちらの声が届きにくくなってしまいます。社内から接続する場合は人の声が入りにくいスペースを確保することをおすすめします。また、どうしても周囲で音がする環境で実施する場合は、面接の時間中に音や声が入らないように周囲に配慮を求めましょう。

面接中話すときは画面ではなくPCのカメラを見ることを意識する

Web面接では画面に候補者の顔が映るのでつい画面を見ながら話してしまいがちですがカメラを見て話すことでお互いの目線が会い候補者への印象もよくなります。

Web面接のデメリットと解決方法

リモートワークのため面接をWeb面接に切り替える企業が増加しています。しかし、これまでの対面での面接と勝手が違うため同じように候補者を見極める事ができず困っている企業は多いのではないでしょうか。Web面接でのデメリットとして以下が考えられます。

Web面接に慣れておらず候補者の魅力が伝わりにくい

これまで対面での面接が当たり前だった為、候補者も面接官もオンラインでの面接に慣れていない人が多いのではないでしょうか。候補者慣れないWeb面接で自己アピールが上手くできないなど本来のパフォーマンスを発揮することができず消化不良に終わり、逆に面接官も候補者の方の魅力を引き出す事が出来ず、本来フィットするはずの人材を不採用にしてしまうリスクがあります。

候補者の対面時の印象が分からない

画面越しと、実際に対面したときとで人の印象は大きく異なることがあります。Web面接では、身長や服装が与える印象、立ち振る舞いなどが分からないため一緒に働く際のイメージが湧きづらいというデメリットがあります。特に営業の採用など、業務上外部との関わりが多い職種の場合、対面での印象を確かめる事ができないのは企業にとっては悩ましいです。

合否の判断が先延ばされ最終面接官の工数が増える

対面での面接と比較して選考の判断が難しくなる為、選考の序盤で合否を判断することが出来ず「念の為最終選考に進んでもらおう」と言うケースが増える可能性があります。その結果、面接の総量が増え、最終選考担当の面接官の工数が増大してしまいます。

リファレンスチェックを組み合わせ不足した候補者情報を補完しながら候補者の能力を見極める

Web面接を通したコミュニケーションだけでは選考の見極めが難しく、ミスマッチへの懸念を抱えざるを得ない状況ですが、企業活動を止めないためにも採用活動を継続する必要があります。

前述のWEB面接の懸念点を克服し、不足する情報を補完して候補者を見極めるために、WEB面接と「リファレンスチェック」の組み合わせをおすすめします。

リファレンスチェックとは書類選考や面接ではわからない、候補者の人物像や、前職の仕事ぶりを同僚や上司といった第三者に確認することをいいます。Web面接とリファレンスチェックを組み合わせることで、第三者からみた候補者の人となり、仕事ぶりを知ることができ、新たな側面の発見が可能になります。

WEB面接の懸念点として上述した、「候補者が本来のパフォーマンスを発揮することができない」や「候補者の対面時の印象が分からない」といった課題を、一緒に働いた事のある第三者からの評価や声を確認することで情報を補完し、見極めに活用することができます。

【図解】リファレンスチェックとは?メリットや質問内容、実施の流れを解説 | リファレンスチェックのback check(バックチェック) 近年、一人あたりの転職回数が増え、副業やフリーランスなど働き方が多様化しています。採用活動では従来の履歴書、職務経歴書から取得できる、所属企業の知名度や在籍期間、転職回数などはあまり意味を持たなくなり、採用を判断する情報として不足しています。その結果、これまで外資系企業では一般的だった「リファレンスチェック」が、日系企業でも注目されてきています。しかし、まだ「リファレンスチェックについてよく分からない」という人が多いのではないでしょうか。今回は、リファレンスチェックを実施するメリットや質問内容、流れについて図解で詳しく説明していきます。

おすすめのWeb面接ツール

インタビューメーカー(株式会社スタジアム)

インタビューメーカー インタビューメーカー
ウェブ面接に特化したクラウド型採用管理システムの「インタビューメーカー」 オンライン面接が可能です、採用のためのコスト削減・業務の効率化が図れます。

ハルタカ(株式会社ZENKIGEN)

ハルタカ HARUTAKA
企業の採用力を強化する動画面接プラットフォーム「HARUTAKA(ハルタカ)」。 ウェブ面接やライブ面接で採用コストが削減するだけではなく、HARUTAKA独自の分析機能やコンサルタントのサポートで採用の質までも向上します。

まとめ

Web面接の実施により面接機会が増えたり、次第に知見がたまり企業の採用活動が効率されるようになるでしょう。ただ、導入に当たっての注意点は多く、応募者の負担が少なく企業にとっても使い勝手の良いツールを選定し、企業と求職者にとってストレスの無い面接を実現する必要があります。

また、オンラインでの面接を通したコミュニケーションだけでは選考の見極めが難しく、ミスマッチへの懸念を抱えざるを得ないため、WEB面接と「リファレンスチェック」を組み合わせることで情報を補完して候補者の見極める事をおすすめします。

back check(バックチェック)では、リファレンスチェックをWeb上で候補者の情報を登録するだけで、簡単・低価格で実施できます。導入企業様が個人情報保護法に該当しないよう入念に設計されており、実施に経験がない方や、利用方法や運用に不安をお持ちの方にも、簡単な操作ですぐにご利用いただけます。

WPリンク

WPリンク