派遣会社もリファレンスチェックを実施できる?企業側と求職者側の3つのメリット・デメリットを徹底解説

中途採用の選考時に実施されるリファレンスチェック。派遣会社は独自でリファレンスチェックを行うことは基本的にありませんが、派遣会社と契約している企業は派遣社員に対してリファレンスチェックを実施できます。

リファレンスチェックを検討しているものの、派遣会社が代理で実施してくれないか考えている企業担当者の方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、派遣会社のリファレンスチェックからリファレンスチェックを導入するメリット、実施の流れについて解説していきます。

back check (バックチェック ) では、簡単・低価格でリファレンスチェックを実施できます。リファレンスチェックに注目している採用ご担当者の方はぜひ back check (バックチェック ) をご検討ください。

目次

  • 派遣会社もリファレンスチェックを導入できる?
  • 前職が派遣社員の人は派遣会社がリファレンスチェックの対象
  • 企業がリファレンスチェックを導入する3つのメリット
  • 求職者側にメリットはある?信用力のアップにつながる
  • 企業がリファレンスチェックを行うデメリットは?導入時の3つの注意点
  • 求職者がリファレンスチェックを受けるデメリット!転職が会社にバレる?
  • リファレンスチェックの結果を理由に内定取り消しするのは違法?
  • リファレンスチェックのやり方は?実施の流れ
  • 転職エージェントにリファレンスチェックをお願いすることも可能
  • まとめ:リファレンスチェックの導入は back check (バックチェック ) をご利用ください

オススメ記事