リファレンスチェックを断るのはあり?
候補者が断る具体的な理由と企業側の対策を解説

「リファレンスチェック」とは、採用候補者の情報を、一緒に働いた経験のある上司や同僚といった第三者から取得することをいいます。リファレンスチェックは外資系企業では珍しくありませんが、日本企業では一般的ではありません。企業からリファレンスチェックを求められると、不安に感じた候補者が拒否することもります。そのため、「ネガティブな印象を持たれるのではないか」と、リファレンスチェックについて心配な採用担当者もいらっしゃることでしょう。

候補者がリファレンスチェックを断る理由はさまざまです。リファレンスチェックを行う際は適切な手順で進めると、候補者が拒否する可能性を下げることができます。本記事では、リファレンスチェックが拒否されてしまう理由や、適切な実施方法について解説します。リファレンスチェックの実施を考えている採用担当者の方は、ぜひ参考にしてみてください。

目次

  • 候補者はリファレンスチェックを断れる
  • 企業がリファレンスチェック前に注意するポイント
  • 【拒否理由1】候補者本人から拒否される場合
  • 【拒否理由2】リファレンス先の担当者に拒否される場合
  • 【拒否理由3】リファレンス先の企業に拒否される場合
  • リファレンスチェックを効率的に行えるおすすめサービス3選!
  • リファレンスチェックを実施する流れ
  • 採用候補者にはリファレンスチェックを断る権利もある

この記事を書いたのはこちら

back check編集部 堆朱彩花

back check編集部 堆朱 彩花

株式会社ROXX back check事業部 にてマーケティング業務に携わる。人材紹介事業や人事経験を踏まえ、採用・組織人事に向けたナレッジを伝える。