リファレンスチェックは勝手に実施してよいのか?
企業側が避けるべき事例や注意点について

「問題を抱えている人物を採用しないために、リファレンスチェックを行いたい」という企業の要望が増えています。 リファレンスチェックを行うと、経歴詐称している人物や、企業文化と合わない人物の採用を見送ることができ、採用後のミスマッチやトラブルの防止につながります。

しかしリファレンスチェックを行う上で、勝手に実施してよいのか?違法ではないか?と心配されている人事担当者も少なくありません。企業の不適切な行為は信用低下や業績の悪化につながる恐れがあるため、正しい方法について押さえることが大切です。

そこで本記事ではリファレンスチェックについて、違法性や正しい実施方法などを解説します。

目次

  • リファレンスチェックとは?
  • リファレンスチェックのメリット
  • リファレンスチェックのデメリット
  • リファレンスチェックは勝手に実施してよいのか?違法性はあるのか?
  • リファレンスチェックの違法行為の具体例
  • 企業側でのリファレンスチェックの対策
  • リファレンスチェックを実施する流れ
  • 採用候補者のリファレンスチェックの拒否について
  • 採用候補者にとってのリファレンスチェックのメリット
  • リファレンスチェックで採用候補者が不採用になるケース
  • リファレンスチェックサービス提供会社
  • リファレンスチェックの実施についてのまとめ

この記事を書いたのはこちら

back check編集部 堆朱彩花

back check編集部 堆朱 彩花

株式会社ROXX back check事業部 にてマーケティング業務に携わる。人材紹介事業や人事経験を踏まえ、採用・組織人事に向けたナレッジを伝える。