バックグラウンドチェックとは?調査項目や取得の流れ、リファレンスチェックとの違いを紹介

中途採用の選考で実施される「バックグラウンドチェック」や「リファレンスチェック」。どちらも、面接だけではわからない候補者のこれまでの経歴などを調べる調査のことです。本記事では、バックグラウンドチェックの調査項目や取得の流れについてリファレンスチェックとの違いを中心に詳しく紹介していきます。

目次

  • バックグラウンドチェックとは
  • バックグラウンドチェックを実施する目的
  • バックグラウンドチェックの調査内容
  • リファレンスチェックとの違い
  • バックグラウンドチェックを導入した選考の流れ
  • まとめ

バックグラウンドチェックとは

バックグラウンドチェックとは、採用選考時に候補者の過去の経歴に虚偽や問題がないかあらかじめ調査をすることで、採用調査、雇用調査とも呼ばれます。応募者が選考時に提出した書類に記載されている内容について虚偽が無いか、記載内容を証明できる書類の提出を求めたり、事実を知っている関係者に連絡して直接確認したりします。

会社に不利益を与える可能性のある人物の採用を未然に防ぎ、不祥事を起こすことなく利益をもたらしてくれたり人を採用するためにバックグラウンドチェックを行います。

一般的に企業から委託された調査会社がデータベースでの照合や、電話での聞き込み調査で実施することが多く、企業が自ら調査をする事はめったにありません。

バックグラウンドチェックをする目的

アメリカをはじめとした海外の企業ではバックグラウンドチェックは珍しいことではなく頻繁に行われていますが、日本では最近になって実施する企業が増えてきました。

これまでも国内の外資系企業や金融系の企業でバックグラウンドチェックを実施する企業はありましたが、1人あたりの転職回数が増え、雇用形態が多様化する中で、過去の実績や経歴を正確に把握した上で採用判断をしたいと思う企業が増えた事が理由です。

時間をかけて選考して採用した人物が、期待していたほどパフォーマンスが発揮できなかったり、経歴詐称や過去のトラブルが元で企業に損失を与える事も十分に考えられるため、日本でも採用を決定する前にバックグラウンドチェックを実施することは珍しくなくなりました。 以前は役職者などハイレイヤーな転職者に絞りチェックを実施する事が多かったですが、最近では一般層へも採用失敗のリスクを排除するためにチェックするようになってきています。

バックグラウンドチェックの調査内容

バックグラウンドチェックでは、主に以下の項目について、書類や面接の内容に虚偽がないか、経歴に会社に不利益を与えるリスクがないか調査します。

  1. 学歴
  2. 職歴
  3. 勤務態度
  4. 反社チェック(反社会的勢力との関係がないか)
  5. 破産歴
  6. 民事訴訟歴
  7. インターネットメディアの調査

1. 学歴

入学・卒業年月、学位、専攻、卒業の有無などについて卒業証明書の提出を求めて照合したり、過去の職場の関係者などに確認します。提出していた情報に誤りがあった場合学歴詐称になります。

2. 職歴

書類に記載されている、過去に勤務した企業の入退社日・雇用形態・職務内容に虚偽がないか過去の勤務先に電話等で確認します。入退社日を偽り失業期間を短くしたり雇用形態に虚偽がある場合、経歴詐称になります。

3. 勤務態度

普段の勤務態度や勤怠について、過去の勤務先の上司や同僚に電話やWebのアンケートフォームなどで確認します。誰宛に確認をするかを候補者が指定できる事もあり一般的にリファレンスチェックと呼ばれています。

4. 反社チェック(反社会的勢力との関係がないか)

候補者が反社会勢力との繋がりを持っていないか確認します。

5. 破産歴

破産歴は官報に記載され公開されるのでその情報を確認します。

6. 民事訴訟歴

委託企業が独自のデータベースを元に情報を確認することが多いです。

7. インターネットメディアの調査

インターネット検索やSNSで候補者の名前を検索し、逮捕歴や社会人として不適切な発言、行為を過去にしていないかなどを確認します。

リファレンスチェックとの違い

採用調査の手法としてバックグラウンドチェックと並びリファレンスチェックと言う言葉が使われる事が多いですが、日本ではリファレンスチェックはバックグラウンドチェックの中の1つの手法とみなされることが多いです。どちらも採用における候補者の客観的な調査ですが、それぞれ実施する目的のニュアンスに差異があります。

backgroundcheckPC.png backgroundcheckSP.png

バックグラウンドチェック

面接や書類の情報に嘘がないか・会社に不利益を与えるリスクがないかどうかのチェックが目的。入社前の本人情報の虚偽を検知したり、秘密にしている過去の不祥事や経歴等を明らかにし「採用するべきでは無い人を事前に検知する」用途で実施する事が多い。

リファレンスチェック

一緒に働いたことのある第三者から客観的な意見を聞くことで候補者をより理解し、本当に自社に合っている人物かどうかのチェックが目的。候補者の実績や、人物像などを過去に一緒に働いた第三者から取得し、書類や面接ではわからない情報を第三者から得ることで、「候補者と採用企業との相性を見る」用途で実施する事が多い。

【図解】リファレンスチェックとは?メリットや質問内容、実施の流れを解説 | リファレンスチェックのback check(バックチェック) 近年、一人あたりの転職回数が増え、副業やフリーランスなど働き方が多様化しています。採用活動では従来の履歴書、職務経歴書から取得できる、所属企業の知名度や在籍期間、転職回数などはあまり意味を持たなくなり、採用を判断する情報として不足しています。その結果、これまで外資系企業では一般的だった「リファレンスチェック」が、日系企業でも注目されてきています。しかし、まだ「リファレンスチェックについてよく分からない」という人が多いのではないでしょうか。今回は、リファレンスチェックを実施するメリットや質問内容、流れについて図解で詳しく説明していきます。

バックグラウンドチェックを導入した選考の流れ

バックグラウンドチェックは一般的に企業から委託された調査会社が、企業から費用をもらって実施します。流れは以下の通りです。

1. 候補者から、バックグラウンドチェックを実施する同意を得る

バックグラウンドチェックで取得する情報や方法によっては、違法になる可能性があるため、企業は候補者に事前に同意を得る必要があります。

2. 企業から調査会社にバックグラウンドチェックの依頼をする

候補者の何の項目についてどのような手法で調査を実施するか企業と調査会社との間ですり合わせを実施します。

3. バックグラウンドチェックを実施する

卒業証明書や前職の在籍証明書、退職証明書の提出を義務付けるなどして、記載内容が選考書類と合致しているか確認します。調査会社では、企業に依頼された項目について独自に用意したデータベースを利用したり、候補者の周囲の人物に聞き込みするなどして調査します。調査会社により調査手法や得られる情報は様々で、依頼にかかる費用も様々です。

4. 調査結果をまとめる

最後にバックグラウンドチェックで実施した内容をレポートとしてまとめます。 レポートは候補者本人に見せることはなく、企業の採用に関係した人にのみ共有され、採用判断の為の情報として活用されます。

まとめ

バックグラウンドチェックは、会社に不利益を与える可能性のある人物の採用を未然に防ぐ事を目的に、選考候補者の過去の経歴に虚偽や問題がないかあらかじめ調査をすることです。

日本ではリファレンスチェックはバックグラウンドチェックの中の1つの手法とみなされることが多く、それぞれ実施する目的のニュアンスに差異があります。

バックグラウンドチェック

・面接や書類の情報に嘘がないか・会社に不利益を与えるリスクがないかどうかのチェックが目的

リファレンスチェック

・一緒に働いたことのある第三者から客観的な意見を聞くことで候補者をより理解し、本当に自社に合っている人物かどうかのチェックが目的。

上記のとおりバックグラウンドチェックは採用におけるミスマッチを減らすものとしては有効ではないため、ミスマッチを減らすためにはリファレンスチェックを実施する必要があります。

back check(バックチェック)では、リファレンスチェックをWeb上で候補者の情報を登録するだけで、簡単・低価格で実施できます。導入企業様が個人情報保護法に該当しないよう入念に設計されており、実施に経験がない方や、利用方法や運用に不安をお持ちの方にも、簡単な操作ですぐにご利用いただけます。

WPリンク

WPリンク