オンボーディングとは?
実施のメリットや導入事例を交えて解説

企業の人事採用シーンで、近年「オンボーディング」の取り組みが注目されるようになってきました。オンボーディングという言葉は広まっていますが、実際どのような取り組みなのか理解しきれていない担当者の方も多いのではないでしょうか。

オンボーディングとは、新しく採用した人材を定着させ、企業文化にスムーズに馴染めるようにするためのサポート体制のことをいいます。企業の発展に必要なのは、優秀な人材を採用することだけではありません。早期離職を減らすために、各々が本来の力を発揮できる環境づくりが必要不可欠です。

以前よりも転職が一般的な選択肢になるなか、優秀な人材の「定着化」は企業にとって重要なテーマと考えられるようになりました。そのためには個人が各々の持ち味を発揮するためのオンボーディングの実施が、採用現場での新常識となっているのです。

この記事ではオンボーディングへの理解を深めるべく、目的や必要性、実施事例などについて詳しく解説しています。

目次

  • オンボーディングとは?
  • オンボーディングを実施することによる得られるメリット
  • オンボーディングを実施するときのポイント
  • オンボーディングを実施する流れ
  • オンボーディングの具体例・施策
  • オンボーディングについてのまとめ

この記事を書いたのはこちら

back check編集部 堆朱彩花

back check編集部 堆朱 彩花

株式会社ROXX back check事業部 にてマーケティング業務に携わる。人材紹介事業や人事経験を踏まえ、採用・組織人事に向けたナレッジを伝える。