大企業でも安心できない?20人に1人はいる、経歴詐称をしている人材の見抜き方

この資料でわかること

・データで見る経歴詐称の発生割合

・経歴詐称を見抜く4つの方法

・採用担当者が調査を行う際の注意点

コンプライアンス違反のリスクがある人材を採用することは、企業にとって大きなデメリットをもたらします。特に多い事例が経歴詐称で、「応募者の20人に1人は経歴詐称をしている」という調査結果も(※)。この資料では、経歴詐称をしている人材を採用することのリスクや、経歴詐称を未然に見抜く方法をご紹介します。 (※)First Advantage 「2019 Top Screening Trends & Insights. State of the Industry Report」より

必要事項を入力後、ダウンロードボタンをクリックしてください。